CocoaPods 1.7.0.beta.1 で pod trunk push に失敗

pod lib lint XXX.podspecXXX passed validation. となるのに、pod trunk push XXX.podspec だと失敗してしまった時の話。

具体的には、以下のようなエラーメッセージが吐かれていたのだった。

[!] The Pod Specification did not pass validation.
The following validation failed:
- Warnings: Unrecognized swift_versions key.

swift_versions というキーが未定義であることが原因のようだが、そのようなキーは podspec には記述していない。

調べてみると、CocoaPods 1.7.0 で新たに追加された仕様のようだった。

CocoaPods 1.7.0 Beta! – CocoaPods Blog

Pod authors can now transcribe that information into their podspec by simply specifying the additional Swift versions within the swift_versions DSL.

ここは単純に、CocoaPods のバージョンを 1.6.1 に戻すことで解決した。

コメントを残す